UAE のグリーンビザとフリーランスビザ

つい一昨日、ドバイのデジタルノマドビザである「virtual working programme」を紹介しましたが、今日は UAE で新たなビザが導入されるというニュースを紹介します。

UAE とドバイ、アブダビ

国同士の関係

その前に、UAE とドバイやアブダビの関係について簡単に説明します。

UAE はアラブ首長国連邦の略ですが、ドバイ、アブダビといった「首長国」が集まって出来た国です。かなり大雑把に説明すると

  • UAE = 日本
  • ドバイ、アブダビ = 東京、大阪、神奈川

というような感じなのですが、UAE の場合、元々ドバイ、アブダビといった別の国だったのが集まって出来たという経緯があるため、現在でも各首長国は独立性が高いのが特徴です。

ビザ等も、国のものと首長国のもの、両方がある

そのため、ビザ等の制度も

  • UAE という国全体の制度
  • ドバイやアブダビといった各首長国個別の制度

の2種類があるため、注意が必要です。

先日紹介したドバイの virtual working programme は、ドバイの制度ですが、今回紹介するのは UAE 全体の制度です。

続きを読む

ドバイ(UAE)の virtual working programme

お金持ちが集まる中東の小国ドバイ(UAE)でも、新たにデジタルノマド向けのビザが出来ましたので紹介します。

ドバイとは

アラブ首長国連邦(UAE)の構成国

ドバイは、アラブ首長国連邦(略称 UAE)を構成する国の1つです。国際的には UAE として1つの国なのですが、UAE を構成するドバイ、アブダビなどの7つの国それぞれの権限が強く、独立国に近い面もあります。

金融センター、経済の中心地

アラブ随一かつ世界的な金融センターで、ビジネスフレンドリーな都市と言えます。シンガポールには規模としては遠く及びませんが、中東のシンガポールと呼ばれることもあるようです。

また、ドバイは国際的なハブ空港として有名で、その点でもシンガポールと似ています。

観光地

ドバイはブルジュ・ハリーファを初めとする高層ビルが建ち並ぶ都会であると共に、ビーチや砂漠などもあります。世界中から観光客が訪れる観光地でもあり、お金さえあれば快適に過ごせます。

virtual working programme 概要

さて、そんなドバイのデジタルノマドビザである「virtual working programme」の概要を説明します。

  • 1年間有効
    • 1年後に再申請可能
  • 月5,000ドル(約55万円)の収入が必要
  • 申請費用は、全て合わせて611ドル(約6万7千円)
  • 6ヶ月連続でドバイを離れるとビザは無効になる
  • 銀行口座の開設可能
  • 家族の同行は今のところ不可の模様

詳細は以下のページをご参照下さい。

続きを読む